上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画・舞台 2009.11.02
先日、『パイレーツ・ロック』という映画を観てきたんですが、これがメインキャストにデブが2人もいるわ(ニック・フロストフィリップ・シーモア・ホフマン!)、背筋の伸びたカッコイイお爺ちゃんはいるわ(ビル・ナイのダンスがかっこいいこと!)で、個人的に超ツボ。もちろん、デブ専&老け専以外にも、「ロックンロール」という言葉で熱く語れるオジサマや、生き方そのものが「ロックンロール」なオカマ女子のみなさんも是非。

同じグラサンでこうも違う
ヒゲを生やすと一般ゲイに普通に受け入れられそうなP・S・ホフマン。でも、普段はこんな(右)ですからね

まあ、それはどうでもいいんですが、その時の予告で流れていた作品がすごかった。

その名も……

『スペルマ』

じゃなかった

『スペル』!(ベタ

原題は「DRAG ME TO HELL」
『スペル』公式サイト

ローンの返済期限延長を断られたバアさんが、窓口の女子(主人公)を逆恨みし、ある呪いの言葉(スペル)をこの女子に。その後、呪いを架けられた女子は、次々と現れるバアさんの幻影に苦しめられる……

っていう筋らしいんだけど、となりで寝ていたはずの彼氏が次の瞬間バアさんになってるとか、夜討ち朝駆けバアさんが現れるとか、呪いっていうかストーカーじゃん?それ、みたいな。


こんなファンキーなおばあちゃんが


運転中も!


ベッドの中でも!アナタと一緒!

大体、バアさんが脅かし役として、アップになったり、画面中を暴れ回ったりして面白くない(怖くない)わけがない。

まさか、Campy!を代表する面白女装(←すごい単語)・サセコ嬢の人気の秘密の一端が、こんなにも早く世間に暴かれてしまうことになるなんて……。

それにしても監督のサム・ライミさん。

元々B級ホラー出身とはいえ、スパイダーマンシリーズで散々もうけた後に、こんなバアさんホラーをまた撮っちゃうなんて、どんだけB系(バアさん、ブス、B級)が好きなのよ、って話。


この人もサム・ライミ映画のヒロイン

これはもはやアレね。
噂されているスパイダーマン4で手堅く当てた後は、監督の望むB系を全て兼ね備えたサセコで一本撮るという監督の決意表明に間違いないね!

(小野東)

バアさん、ブス、B級と呻きながらクリック↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/698-5ec85bdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。