上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなバカな!

世界的に有名な映画界の巨匠が、まさかの心変わりをカミングアウトしちゃっているのです↓

ゲイのアルモドバル監督、「ペネロペ・クルスには欲望を感じた」と告白(エイガドットコム)

何が「バカな!」なのかわからない人のために解説すると、ペドロ・アルモドバルって人は(実際に公言はしているけど)自ら公言しなくてもわかっちゃうくらいのゲイ性の溢れた監督さん。


ゲイでーす

これまでの監督作品名を並べるだけでも

・セクシリア
・バチ当たり修道院の最期
・欲望の法則
・神経衰弱ぎりぎりの女たち
・アタメ 私をしばって!
・ハイヒール
・私の秘密の花


などなど、そこはかとなーくどころか、芳醇なまでに香しいゲイ性(初期作品、しかも邦題も多い恣意的なセレクトだけど)。

そんなお人が、スペイン・セクシーの代表格みたいなベネロペ・クルスたんに欲情だなんて!

日本で例えるなら、おすピーが叶姉妹と4Pしました!っていうくらいの、ゲイとセクシーの過剰なまでの不釣り合い


おすピー VS 叶姉妹ならむしろ積極的に見たい

こんだけ突き抜けた人だもの、今更ゲイであることを隠すためだけにバイセクシャルアピールなんてしないだろうし……。

はっ!

もしかしてアレ?
変態性が突き抜けちゃって、「ゲイなのに女子に欲情している俺」に興奮しちゃうとか、そういう話なの?(違う

(小野東)

もしかしたらベネロペのクリちゃんがペニクリちゃん並に巨大だったのかも!
と、ゲスの勘ぐりクリック↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/651-17352c2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。