上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、二男が三度目の逮捕をされてしまった大女優の三田佳子さんが無事、舞台の稽古に復帰されたようです。

名古屋・御園座の石井ふく子先生演出の舞台『エドの舞踏会』
「夜ごとひらかれる鹿鳴館の舞踏会ー、華やかなドレスに身を包んだ夫人たちの多くは、花柳界や郭の出身だった。しなやかに、そしてしたたかに生きた姿を華麗に描く妻たちの鹿鳴館にご期待ください!」
鹿鳴館の三田佳子

鹿鳴館のしたたか夫人! あいかわらずステキなお仕事を選んでます。
ちょっと前に放映された、TBS『ひまわり~夏目雅子27年の生涯と母の愛~』でも、主演の仲間由紀恵さんが、いつも通りすっとんきょうな声を出している横で、イイあんばいの母さんっぷりで、実力の違いを見せつけてくれましたし。
ひまわり畑の三田佳子

今回の事件、アタシも、日本全国のクラブパーティで三田さんを降ろさせていただいてる身ですから(なりきり女装ショー)、もちろん記者会見はリアルタイムで拝見しました。

個人的には、28歳にもなる大人のことで「母親の育て方が悪い」とかいちいち目クジラをたてる人って、逆にすげぇわね、と思うんですけどね。まあ三田さんも人気商売ですから、ああいう疲れ果てた弱々しい態度で会見されたのは正しかったと思います。


でも本当は……ぜひとも今回の会見で、こう言ってほしかった。
三田さんが大女優になった映画『Wの悲劇』からのこのセリフを、そのまんまに宣言してほしかったわ。

「あたしたちッ、
お客様に道徳を教えるために芝居やってるわけじゃないでしょうッ?
私生活と舞台とどんな関係があるのッ?
私生活がキレイじゃなきゃ舞台に立つ資格がないっておっしゃるのッ?
それじゃ、どなたかしらッ? 舞台に立つ資格がおありになるのッ。
みーんな資格なんかないんじゃないのッ?」



まあ、本当に言ったら、エリカ様どころじゃない大問題になってたわね。

(ブルボンヌ)

Wの悲劇 廉価(期間限定) Wの悲劇 廉価(期間限定)
薬師丸ひろ子、世良公則 他 (2007/07/06)
角川映画
この商品の詳細を見る


↓女優女優女優! クリッククリッククリック!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/63-795e56fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。