上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画・舞台 2009.03.21
先日もお伝えしたように、公開前から深キョンばかりが取り沙汰されていた映画『ヤッターマン』、遅ればせながら鑑賞して参りました。(以下、結構なネタバレあり!



当初の予想通り、色っぽ~いコスチュームでオヤジ心を鷲掴みにする深キョン・ドロンジョに比べ、明らかに影が薄いヤッターマン2号演じる福田沙紀たん。下手したらマスコットキャラのオモッチャマより影が薄い


唯一話題になったのは画像修正

そればかりか!

突然あらわれた(本当に突然あらわれる)映画オリジナルのヒロイン演じる岡本杏理たん(あんまかわいくない)が、鼻血出したり、股ぐら(正確には太もも)吸われたり、と超愛され演出で、2番手どころか3番手に急転落の危機。

なぜ!なぜこんな仕事引き受けたの沙紀 !?

と、勝手に余計な心配しつつ見ていたのだけど、序盤から股間を鉄棒で擦られる沙紀たんに疑問を覚え、ヤッター1号に突き飛ばされる当たりである仮説が浮かび、映画版ヒロインに「2号さん」呼ばわりされる当たりで確信に

沙紀たん、むしろ監督に愛されているのでは!

考えてみれば今作の監督を務めた三池崇史たん。
多作で知られるので、『妖怪大戦争』なんてファミリー向けっぽい映画も撮ったりしているけど、本来はたびたびCampy!でもネタにしてきた『インプリント~ぼっけぇ、きょうてえ~』や『殺し屋1』なんかの作風で知られるドS&変態監督。女優の扱いだって超ハードなはず。


見るからにハードコア・三池崇史たん

映画に出演する3人の女優に、それぞれあからさまに違う接し方(深キョンはひたすらカワエロく、杏理たんはブスオイシく、沙紀たんには辛辣に)をして、それぞれの女優魂を刺激するなんて、余裕でやっちゃいそう。

確かに本編だけに目をやると、深キョンのカワイさや杏理たんのブスオイシさのほうが目立ちがちではあるけれど、本編終了後のボーナス映像(アニメで付き物のアレ)で一番目立っていたのは間違いなく沙紀たん!(ネタバレ→セリフ「弱点はのどちんこよ!」を絶叫←ネタバレ)

ちゃんと、3人とも愛されてた!沙紀たんも愛されていたんだ!
落とすようで実は大切にしているなんて、ベタだけど的確な三池監督のドSっぷりに、こっちまでドキドキだよ……。

正直、ファミリー&カップル客(+アキバ系大きなお友達)が多いのはしんどいところだけど、ド直球から微妙なのまで各種下ネタが勢ぞろいしているから、是非、オカマ&オカマ女の集団で乱入して逐一(下ネタを)拾ってきてみて! ドMなガールが、沙紀たんの愛され方に自分を投影しながらコッソリ観るのもオススメだゾ!

(小野東)

三池監督の次回作『美少年』にはぜひサセコ嬢を出して欲しい!
そんな期待を込めてクリック↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/530-32775884
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。