上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲイライフ 2009.03.04
週一ママをさせていただいてる火曜のゲイ・ミックスバーに、
現在ロンドン在住の、アムリタちゃんというお友達女子が来てくれました。
あ、そんな名前ですけど日本人よ。

彼女とは、もう10年以上前に、
自分のやってたクラブパーティで知り合ったんですけど、
エスニックサウンドのバンド・ボーカルをしつつ、
仕事やイベントでSの女王様もしていて、
知り合った数年後には、本拠地をヨーロッパに移してました。


その後、自分がマブダチ女子と二人で、オランダに一週間くらい遊びに行った時には、
「あ。私もその頃、アムスのM男に会いに行く予定がありますよ!」
みたいな、一般的にはとても珍しい理由のメールをもらって、
アムステルダムの運河沿いのゲイバーでひさびさの再会を果たしたり。

最近どうよ~みたいな話題になると、
おもむろにポケットアルバムを取り出し、

「これがドイツのM男です。鼻フックが大好きなんですよ。
 あと、こっちはロンドンのSMパフォーマンスの時で…」


などと、ウルトラ怪獣図鑑のように並ぶM男達の解説を始めてくれたという。
でも全てが割と穏やか、かつ丁寧な口調なので、
あまりすごいことのような気がしなくなってくるのが不思議ね!

ちなみにアムリタさん、パフォーマンス時はこんなかんじです。

普段はもう少し、おさえたファッションですよ!
これは、言うこと聞いちゃうわ…。


今回は、同じく旧友のサセコさんも来て、一緒に飲んでいたのですが、
いつも通り、一人でボケまくったり同じギャグを二回くり返して言う
酔いどれサセコを前に、とくに爆笑するでもなく、涼しい微笑で頷いてらっしゃいました。

この、何事にも動じない姿勢こそが、
世界じゅうにM男を飼えるS女王様たる所以なのかも。

彼女はものすごくシャラッと語ってますけど、
本場ヨーロッパのSMってものすごいですからね。

最近女性タレントが、ゴールデンタイムのテレビとかでも平気で
「私、ドMなんですぅ」とか言ってますけど、
本場ヨーロッパのドMの姿を見てからもっかい言ってみろと!

アチラじゃ、お水のようにビールを飲んでますが、
多分、ちょっとMをかじってる人ならオシッコもビール感覚で飲んでるはず。
でさくらももこさんみたく健康になっちゃうとか。


自分は、彼女を含めて3~4人、お知り合いに女王様がいるんですが、
「他人の性的な指向や嗜好の違いに、まったく動じない。
 それどころか、優しい気持ちで接することができる」

という点で、S女王様はオカマと自然に仲良くなりやすいのかも。

たとえば、キモい豚みたいなおっさんが、女物の下着とか履いて、
「顔を踏んで、オシッコかけてください~ブヒ~とおねだりしている時、
ほとんどの女子は「ありえねー!」ってなると思うんですよ。
(Campy!読者に限っては、要求に答えないまでも
 ニヤニヤ見てる率は高そうなのが怖いわ!)

でも、人の一番恥ずかしくてエグい、
けどそれをどこかで出さないとバランスが保てないのかもしれない部分を、
「ハイハイ」って受け止めてあげられる心って、なんかかっこよくもあります。

彼女らはたいてい、そのプレイ自体が性的にしたくてたまらないって
かんじの話し方はしないんですよね。
わがままな要求を聞いて、世話してあげてるかんじ。
ある意味、大人向け保母さんみたいなものじゃないかと思います。

実際、アムリタさんも
「恋愛で付き合うのは、M男じゃないほうがいいですねー」
とおっしゃってましたわ。
まあ、家でまでブヒブヒ言われたら、確かにちょっとねぇ。

(斎藤ヤスキ)

↓カイリーミノーグさんに「あなたも、M?」って聞かれて頷いちゃった人はクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/521-9f68892c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。