上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一部では環境テロとも呼ばれている、お騒がせ(ではもはや済まされない)武闘派環境保護団体シー・シェパード。調査捕鯨を続ける日本の船舶も度々標的にされ話題になっていますが、そんな荒くれ集団に、怖ろしい助っ人が加わってしまったみたい……。

シー・シェパード抗議船にハリウッド女優乗船「日本の捕鯨船と戦う」(産経ニュース)

なんとその助っ人とは、あのダリル・ハンナ



ハンナといえば、天使のような愛くるしいルックスとモデルばりの高身長(推定3m40cm)を武器に、瞬く間にトップスターへと登り詰め、その後しばらくの低迷期を経て、迫力を増した演技派女優として華麗な復活を遂げた、まさにザ・女優

これは日本にとっても相当手強い相手となりそう……。
そこで我々campy!は、ハンナの日本侵略手段を高度なテクニックと実績でシミュレーションしてみました。

その1:人魚になる



まずはデビューした頃の愛らしい姿で「捕鯨やめようよ、ね?ね?」と、捕鯨船員の心情に訴えかける作戦。世代的に考えても、当時ハンナのファンだった船員は結構多いはず。色んな意味での精神的ダメージが予想されます。デビュー当時より大幅に進化した演技力を駆使して、今度は上半身:魚、下半身:人間で来ることも十分考慮するべき。

その2:殺し屋になる



口でいって聞かなければ、お次はとうとう武力行使。凄腕殺し屋になって、直接捕鯨船に乗り込んでくるはず。とはいえ、そこはハリウッド女優。きちんとセーラー服にコスプレし、眼帯には碇マークをあしらうなど、女性らしい細やかな気配りも忘れません(どうでもいい予測)。万が一、標的に定められてしまった場合は

・「夥しい(おびただしい)」を連呼
・眼帯と反対側の目を攻める


などの対処方法で、多少は生存確立があがるかも。

その3:大きくなる



いよいよの場合は最終手段。低迷期の苦労や、仕事選びの失敗など、今までの怒りを体中に充満させて、ただでさえ大きいハンナがさらに巨大に! これは流石に勝てない。せいぜい劇場版ゴジラ最新作にオファーすることぐらいしか出来ない。

このシミュレーション結果を見る限り、ハンナが本気を出した場合、現在の日本に対抗する手立ては無さそう……。
色んな立場の人がいるから、反捕鯨を訴える人がいること自体はいいと思うんだけど、ハンナたん、せっかく大女優なのだから、武力ではなくもっと別のやり方で訴えて! そして、うっかり反捕ゲイ(≒反ホモ狩り)についても訴えてちゃってくらさーい!

(小野東)

↓シー・シェパードを、千昌夫の元ワイフかなんかだと思ってアナタは正直にクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/446-074723c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。