上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Campy! 2008.10.28
先日のCampy!バスツアー。
フォトギャラリーをご覧になっていただければ分かるように、昇仙峡にぶどう狩り、ほったらかし温泉と、各所楽しく過ごすことが出来たんだけれど、その中でも特に盛り上がったのが、Campy!ガールズたちのライブ・メイク落とし。

女装が好きで好きでたまらない娘さんたちが、公衆の面前でメイクを落とし、30過ぎたスッピンのオッサン顔を晒す、という拷問に近いこの演目(?)に、バスツアー参加者の皆さんが大熱狂。みんな、とんだS野郎だよ!

でも、この責め苦に対し、ガールズの中でもとびきり幅広いプレイ領域をもった熟女装・サセコさんが、こっそりM気を刺激されてジュンッとなっている瞬間、私は見逃しませんでした。

本来であれば

LV1 女物のアイテムを身に付けてみる

LV2 顔を塗ってみる

LV3 一人こっそり女装を楽しむ

LV4 女装姿をさらすようになる

LV5 女装姿で注目を集めたくなる
 ←ココ

に位置していると思われるCampy!ガールズですが、そこはガールズの代表・上級女装サセコ嬢。他のガールズに先んじて、一足先に次のステップに進んじゃったみたい。

LV6 女装からスッピンに戻る瞬間を晒して興奮 ←次のステップ

変態が行きすぎて「ホモなのに女性に犯されている自分に興奮する」みたいな逆転した価値観!まさに上級(の変態)!

さて、鏡で自分を見つめるのが大好きでもあるサセコ嬢。今回のバスツアーではメイクを落とした後さえも丹念に鏡を覗き込み、自分のスッピン顔を見つめてはニヤニヤしている生態が披露されましたが、そんなサセコ嬢の習性を裏付けるこんな研究結果が……↓

自分のスッピン顔を見るとドーパミンが放出 茂木健一郎氏ら発表(yahooニュース)

なんでも、「自分の素顔」と「メイク後の顔」を見た時で、脳の反応に違いがあることがわかったのだとか。
中でも顕著だったのが、自分のスッピンを見ていると、脳内で「ドーパミン」が放出されている、というもの。

「ドーパミン」といえば、快楽や喜びを感じたときに放出される神経伝達物質。つまり、多くの人は自分のスッピンを見て喜びや興奮を感じているんだって。

この実験を行ったモジャ毛でお馴染みの脳科学者・茂木健一郎先生によると、素顔を見ることで“メイクをしてきれいになった自分”“社会的に認められる自分”を想像し、期待感や意欲を湧き上がらせているのではないか、ということ。

一般の人ですらこうなのだから、サセコ嬢が自らのスッピンを見て「ああ、紅をひくだけでアタシ綺麗になってしまう……」「こんな美貌では世界が放っておかない。イヤでも求められてしまう……」などと愉快な妄想を膨らませたとして、誰に責められようかっ!(←いや、誰も関わりたくない)


女装用ウィッグをかぶったきたろうではありません
茂木健一郎


(小野東)

サセちゃんが鏡を見ながらもらす溜息(ヒッ ヒッ フゥ)に合わせてクリック↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/411-656294b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。