上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Campy! 2008.10.27
バスはいよいよ、最初の目的地、昇仙峡に到着!

大自然と、女装!
日本を代表する渓谷美と、日本を代表する熟女装美の
ガチンコバトルだよ!

昇仙峡の大自然にも溶け込むガールズ

見て、この異物感。(とくにL子さんのヴィヴィッド・カラー)

人は、常に自然に挑戦し続ける生き物なのね…。

ちなみに昇仙峡、意外と道が細かったので
Campy!ご一行も細長い列になってしまい、
ガールズはお客様と語り合うというより、
すれ違う一般の観光客に次々と晒されるかんじでした。

アタシとサセコさんが先頭だったんだけど、
アタシはバスガイドルック、サセコはギャル風(あくまで服装は。)なので、
濃厚メイクの顔を見ないと、気づかれないこともあるのね。

そんな時、サセコさんが嬉しそうに
「やだー、アタシたち気づかれてなかったね…」
と言うのでした。
チョトー、そこ喜ぶのって、アタシたちの方向性?みたいな。

よーく見ると橋の上にいます

なんて言いつつどんどんと山を登り。
やってることはごくごく健康的なハイキングなのよね。
見た目はこんなに異常なのに!

ようやく、折り返し地点の美しい名所、仙娥滝に到着したので、
お客様たちとたっぷり記念写真を撮りまくったのでした。

そのうち一般の観光客のおばさんにまでお願いされて一緒に撮りはじめたり。
なんかすごいわ。社会福祉してるかんじ!

名所の滝がこんな扱い

帰りは同じ道を戻るだけなので、景色よりも会話中心で。
ナツ恋にやぶれた女子客と一緒に、「アタシもなのよぉ」
二人で「男なんてシャボン玉」トークをしたり。

みやげもの屋のおばちゃんにでっかい声で
「あらスゴイ! 罰ゲーム!?」
と聞かれたので、
「いーえ。好きでやってるんですよぉ!」
と叫び返してみたり。

ようやくバスに戻って、
久しぶりの運動にゼエゼエ言いながら鏡を見ると、
顔面のあちこちにも、ファンデ渓谷がいっぱい!
危険な地割れが多発してました。
恐るべし大自然。まだ昼ごはん前なのにぃ…。

その3に続くわよ!

(ブルボンヌ)

↓崖っぷちで松尾嘉代になりきって火曜サスペンスごっこをしちゃったぞクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/410-be744514
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。