上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと普通の負け犬(男はいるけど未来はない女?)になれたと前回報告させていただいたわけだけど、
そういう恋愛安全地帯に身を置いてみると、意外に過去の自分を冷静に省みれるもの。
そんなわけで、あたしの「負け」が込んでいた「青~い時代」のお話を。
結構リアルな不幸話よぉ(笑

負け犬 Meets ゲイ 第10回
「セカンド体質だったあたしへ…」


20代の頃のあたしは男をちぎっては投げ、ちぎっては投げの入れ替わり立ち代り状態。
1クール(3ヶ月)ラブを繰り返していたわけです。
その上、なぜか「セカンド」に置かれていたりが多かったの。
あまりにも「セカンド」が続くので、開き直って

「何人ものセカンドになっちゃえばいいじゃない!」

セカンドだっていいじゃない!
↑ D・A・T・E! セカンドだっていいじゃない!

と言い聞かせて、気がついたら、ただの阿婆擦れになったりもしていました(涙)。
ごめんね、美里・・・。

そんな迷える子羊だったあたしは、とある講演会で
「だめんずうぉ~か~」でおなじみの倉田真由美さんに
質問としてソレをぶつけてみることにしたの。

OPA「あたし、いつもセカンドに置かれてしまうんです…
    どうすれば本妻になれますか?」

↑本当は擦りガラス越しに言いたかったぐらい。あたし、ヤバいよね…(苦笑)

倉田さん「でも、セカンドに置かれるということは、
      体は良いということですよね?
      とりあえず、性格の合う人が現れるまで待ってみたらどうでしょうか?」

とのお答えでした。

OPA「やだ~、あたしそんなに名器じゃないわよ」
なんて頬をそめつつ、満更でもなかったあたし。

でも、家に帰って冷静に考えたら

「体だけ…てことは便女じゃん、あたし!?
 つまり、名器どころか、
 あたしって便器だったの!?」


とつぶやいた途端に鬱に入り込んで

…ひとりぼっち、誰もいない…あたしは愛の・・・なんぱ~~~せ、ん~~~~・・・

と毎日「難破船」を歌って暮らしていました。←ヤヴァイ!

これではいけない。
「便器のなかでも、綺麗な便器になろーと」っと
明菜歌チェンジを。

「セカンド・ラブ」じゃなくて「セカンドのラブ」
♪恋も二度目なら~少しは上手に 愛のメッセージ 伝えたい~~~~~~~~~~~~(長い)

ていうかこのセカンドは2回目。

あたしは2番手
「セカンド・ラブ」じゃなくて「セカンドラブ」…

ど~~~ん↓↓↓(堕)

と明菜歌は鬱を悪化させるだけと確信したのでした。

赤い鳥が逃げた Fly Away♪
↑そういういわれてみれば、子供の頃このジャケット怖かったわ・・・「赤い鳥逃げた」(12インチ)


あれから5年の時を経て、
あたしはかなりの人数の男たちに揉まれて、学習もした。
そしてナツ恋もつかんだ。
いま、あたしがタイムマシンにのれるのなら
「セカンドだった自分」にはこの言葉を伝えたい・・・


ひと~つ!
「確かに体はよかったのよ、あんた。でもそれは中途半端に。
 本当にかわいかったら『身受け』されるはずだもの。
 で、あなたに今の足りないものは『美貌』よ!
 体鍛えるか、美容整形に行きなさい!


ふた~つ!
「あんたはキャリアも中途半端で、恋に逃げようとしててるわね。
 いい歳して、まだまだ『素敵にシンデレラ・コンプレックス』(Hiromi Go!)ね。
 物欲しげな顔になってるわよ!
 不確定要素に頼りすぎ、もっと現実見なさい! 」


みっつ~!
「整形するのも、賭け事(パトロンを待つ)をするのにも、結局はお金がいるので、
 仕事して、貯金をなさい!
 それなりに仕事をがんばって、下手をこかなければ、シングルはそこそこお金がたまるのよ。
 もし、残念ながら男ができなくても、手元にある程度のお金とキャリアが残る。
 お金に余裕ができると、男がよってくるかも知れないし・・・
 とりあえず、それを実行しなさい!」


と。
簡単に言うと

『セカンド』を抜け出すには、焦らないこと。

なのかも。


でも、セカンドはセカンドで居心地がいいのも事実。
束縛されないから、いつでも運に身を任せられる
ハッピーマニアにはたまらない環境な訳よ。
それもきっと幸せ。
「セカンドのラブ」で悩んでる人は、自分の心の声をしっかり聞いてみてね。
でもマイノリティの人生(=セカンドな人生)を選ぶのなら、
ある程度の「孤独」を覚悟はしなくちゃ、よ!



ここからは宣伝ですぅ~
あたしが編集で参加した本が9月26日(金)に発売されましたぁ!

TOKYO ART & CULTURE MAP

タイトルは
「TOKYO ART & CULTURE MAP」(発売・京阪神エルマガジン社)
東京都内の美術館とその界隈のカフェや雑貨店+うまいものを紹介している
秋の休日にぴったりの
art&eatおさんぽマップガイドです。

なんと序文は草間彌生さま! 
愛あふれるパワーポエムを賜りました。
コラムは
「辛酸なめ子さん VS 宇宙歌謡歌手・青樹亜依さん 夢中がいちばん美しい(←ピンクレディだね)」
などかなり電波出してます!

書店で見かけたら是非とも手に取ってくださいませ。
よろしくお願いいたします。

(OPANPON/ゲストライター)

↓セカンド体質なあなたも、セカンドにすらなれないあなたもクリック!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/380-f2c92f39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。