上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本という劣悪な住宅環境の中で、性に奔放なライフスタイルを謳歌しがちな我々オカマ&オカマ女には、無関心ではいられないこのニュース↓

男友達に女性宅への接近禁止の判決、性行為の騒音で苦情

まあ、アノ最中の嬌声が凄すぎてご近所さんから苦情をたてられた、っていうありがちなニュースではあるんだけど、事件の当事者である29歳女住人がちょっとスゴイ。

住民のたび重なる警告は全てガン無視した上で、音楽はガンガンかけまくりーの、わいせつな言葉も叫びまくりーの。
さらに敷地内にある裏庭では全裸で日焼け、アパートに住む6歳児には聞くに耐えないいかがわしい言葉まで浴びせていたとか。

もう『SATC(映画版、いよいよ今週末から公開!)』のサマンサが乗り移っているとしか思えない奔放さ加減。


アノ時の声がデカイ?何の為に高い管理費払ってると思ってるのよ。
オーガズムに達したらどこでだって叫ぶわよ!


しょせん日本の仲間内だけで「あたし断然サマンサ派!今年もヤってヤってヤりちぎってやる! あ、あんたはブスだからスタンフォードね!」とかほざいて、なんちゃってサマンサ気取りだったのが恥かしくなるほどの、リアルな猛禽力。やっぱ肉食の本場は違う!

しかも、最終的に裁判所が下した判決が、アパートの住民である女性に対してではなく、女性の友達である男性のほうに接近を禁じるという微妙なもの(まあ罰金もあったけど)。

このサマンサ(勝手に命名)、絶対心の中で勝利宣言してるはず。
だって接近を禁止された男とは別の男をひっぱりこめばいいだけだもの。


勝った!

まあ、本物のサマンサの場合、最初は敵対していた近隣住民(?)のドラァグクィーンとも和解して、一緒にパーティー開いちゃうようなイイ女だったわけだし、是非このイギリス版サマンサにも、ご近所と適当に仲良くしつつ、自由なライフスタイルを貫いてほしいところ。

ここCampy!スタジオ(中野区のはずれ)だって、日々不審人物(趣味女装)が出入りしている上に、真夜中まで色んな矯声(「やだ!サセちゃんの新しいコサージュ、超かわいい!」「んも~、キムコのほうが全然キレイよぅ(といいつつ鏡で自分をうっとり見つめる)」etc)ひびかせてんだから、少しはお隣さんとの交流を図らなくっちゃ……。

(小野東)

↓向かい両隣にご挨拶にいく要領でクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/338-ba53b024
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。