上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい先日も、肉食キング米倉と豪華ゲスト扮する保護者がガチンコバトルを繰り広げる、格闘系ドラマ『モンスターペアレンツ』をご紹介したばかりですが、最近はそんなモンスターな保護者に対抗してなのか、ティーチャーたちも次々と猛獣化。やたらと教師の不祥事が続いているようです。

スプリット現象起こす!ワイセツ教師“性職者”

実際には教師ばかりか生徒や親も、それぞれとんでもないことになっている場合があるので、教師だけが悪いということもないんですが、生徒との信頼関係を餌にシモの欲求を満たそうとする一部教師の凶行は、まさにモンスターの所業といえそう。

そんな次々とモンスター化していくティーチャーたちの中に、モンスターはモンスターでもちょっとだけほっこりするような、愛らしいくて若干水っぽい、まるでスライムのようなモンスター先生が。

PAで排せつ、停職6カ月=高校教諭「ストレスたまり」-北海道


↑高校教師の男性(56)が、パーキングエリアに自家用車を止め、車外の排水溝に排泄をしていたという事件。

たまたま監視カメラに映ったことで事件が発覚した、ということなので、他人に排泄行為を見せつけようとしたわけではなく、純粋に野外での排便でストレスを解消していたみたい。

「ストレスがたまっていた。人に言えない恥ずかしいことをした」と語る56歳・壮年高校性教師
この設定だけでご飯3杯はイケます

先の言葉や、過剰なストレスの矛先を(一部の人が安易にそうするように)決して生徒や他の人、物に向けなかったことからも、このスライム先生、けっこう実直でマジメな方だったのでは……。

生物は様々なストレスと絶えず闘い続けることで進化をしていったと言われていますが、このスライム先生も、マジメがゆえに多大なストレスを抱え、そのストレスを切っ掛けに新しい可能性(=野外スカ)を見つけることができたといえそう。

まあ、実際これ(=野外スカ)をそこらへんで無法図にやられたら迷惑以外のなにものでもないですし、そこらへんの罪はきっちりと償ってもらうとしても、50代にして新しい扉を開けてしまったその勇気、Campy!は応援したい。ストレスに負けて人や物を傷つけるくらいなら、スカに目覚める方がよっぽど素敵!

十分反省や償いが終わった後は、マナー(後片づけや、場所の厳選)だけはしっかり守った上で、胸をはって新しい人生を楽しんでくださーい!



(小野東)

↓あなたが抱えているストレスはココをクリックして解消!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/297-24fe71ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。