上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビ 2008.06.30
大沢家政婦紹介所のスゴ腕女スパイ、市原悦子さん演じる石崎秋子がついに引退です。

「家政婦は見た!」25年目の惜別ラスト(スポニチ)

まさか秋子さんが引退なんて…

世間のオバさんとオバさんオカマにこよなく愛されたこのシリーズ、
第1作は1983年という長寿ドラマです。

実はこの第1作だけは、あの松本清張先生の原作で、
その時の悦子さんは、家族の欺瞞を積極的に互いの家族にチクったり、子供に悪事をそそのかしたりして、最終的に自分が勤めていた家庭を崩壊に導く悪女として描かれていたんですって。悦子、怖い…。

その後は人気キャラになったので、「うっかり見ちゃったの…」「私がこの異常な家を何とかしなくちゃ…」という善意の第三者スタンスに変わったんですね。
それでもまぁ、おせっかいな覗き見ババアであることは間違いないんですけど。


それにしても悦子さん、昨年は「おばさんデカ」も引退しちゃってるし、なんか寂しい…。
まぁ72歳でらっしゃいますから、フツーは家政婦も刑事も、やらせちゃいけないお年よね。
いや、でも悦子ならまだ10年はいけるわよー。


ところで、今回の番組HPなんですが、

家政婦は見た!ファイナル(テレビ朝日)

あなたもぜひ、悦子さんを出し入れしてください

Flashで作られたデザインが素晴らしいんです。
画面下のほうにある「あらすじ」とか「出演者」とかのメニューにカーソルをもっていくと、悦子さんが横からヌウって現れて覗くの!

もう楽しくって、悦子を何度も入れたり出したりしちゃいました。(「悦子に」じゃなくて良かった…)


ちなみに、10年くらい昔に、二丁目のクラブショーとして自分たちが上演した
『地獄の女スパイ大作戦』という女装演劇がありまして。

野際陽子(『キイハンター』)、沢たまき(『プレイガール』)、浜美枝(『007』)、山本陽子(『ザ・ハングマンV』)、如月ハニー、峰不二子、金賢姫、などが総出演(もちろん全員、女装のニセモノ)だったのですが、
市原悦子さんはなぜか悪役で、刺客として登場してました。

シンシアという、引退してしまったデブ女装さんが見事に演じてらしたので、『家政婦は見た!ファイナル』放映を記念して、ちょっとだけその出演シーンを期間限定でお見せしま~す!



(斎藤ヤスキ)

↓こっそり顔半分だけ出しながらクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/284-c651ca50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。