上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカで起きた、もしかたらこの犯人、ゲイじゃない?的な犯罪ニュースをお伝え。
まずは米オハイオ州で起きたコチラ。

日焼けサロンで盗撮、肛門に携帯隠すも逮捕

もう見出しだけでどんな犯罪かわかるすばらしいニュースなんだけど、いくら最近の携帯電話が小型化しているとはいえ、いきなりエイナスにブチこんでしまえるような代物では決してないはず。
そうとう使い込んだ、ほっこり柔らかなエイナスの持ち主だったことが想像されます。普段から着信バイブオナニーとか絶対してた。

お尻ネタだけでイコール同性愛者!とか決めつけると、ゲイの人権団体に怒られちゃうけど(当たり前)、さらなる裏付けが!

この事件の被害者、女性なんです。
え?じゃあ、やっぱり犯人ノンケだろって?

実は近年、盗撮事件の加害者として、女性が検挙されるケースが多発。
女性同士のほうが不審がられない、という理由で業者に雇われた女性が犯罪を犯しているのだとか。

この事例がさらに一歩先に進み、女性のかわりにオカマを雇う業者が現れたの違いないよ!
だって女が、女同士以上に気を許せる生き物、それがオカマ。

オカマとオカマ女がキズをなめ合って手を取り合って生きていこうとしているCampy!にとってはとても許し難いニュースだけど、単に前立腺マッサージにハマってしまい、エイナスを開発し過ぎちゃったノンケおやじの可能性も…(つか、9割がたノンケ)。
どっちにしろ、そこまで立派に育ったエイナス、犯罪などではなく人のために役立てて欲しかった。
アナタのエイナスがどんなに飽くことを知らない欲しがり屋さんだったとしても、罪を憎んでエイナスを憎まず、だよ!

お次は、ちょっとほっこりな犯罪ニュース(犯罪にほっこりも何も……)。

脱獄した男、“申し訳ない”とトイレットペーパー製のバラを置いていく

こちらは米アーカンソー州での事件。
拘置所に服役していた男性が脱獄をはかったらしいんだけど、脱獄した現場にはなぜかトイレットペーパーでできたバラの花が。
結局、後日再逮捕されたこの男性に理由を尋ねると「拘置所の責任者に申し訳ないから」と応えたのだとか。

脱走する監獄の責任者にまでヘンに気を遣う細やかさ、そしてその気の使い方の的外れ感
そして尻拭く紙でバラ

そういう風に決めつけるのはダメ!とゲイの立場として重々承知していながらも、それでも思わずにはいられません。
この犯人、絶対オカマでしょ~。

ちなみにこの犯人、再逮捕された時も、「自宅のクローゼットに隠れ、頭から枕カバーをかぶって警察の目をごまかそうとしていた」という創意工夫っぷり。
普段から収納に凝っちゃうタイプとみた。勝負パンツはトイレットペーパーの芯に丸めて入れて、見せる収納よ!とかなんとか(適当)。

この2件の犯罪、追い詰められて肉体の限界を突破してしまったアナルマニアさんも捨てがたいけど、オカマらしいカワイイ創意工夫で脱獄犯の勝ち!(どんな勝負よ)

それぞれちゃんと罪を償って、今度からはそのアメージングアビリティを世のため人のために活用してくらさーい!

(小野東)

↓十分な反省と、立派に更生できることを祈ってクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/283-7f774a55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。