上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「引越ーしッ引越ーしッ、とっとと引越ーしッ、しばくぞッ!」
で一世を風靡した、騒音おばさん。
(ゲブ美さん似…というか、実際に当時それでショウやってました。)

なんとイギリスに、そのフォロワーが登場してました。
しかも、延々マドンナを爆音プレイ!

いったいどんな、派手で悪そうなオカマ女だろうかと思いますよね。
ところが英国新聞社Daily Mailさんのサイトを見ると…。

Neighbour from hell jailed for three months for blasting out Madonna tracks around the clock
パンチのないビジュアル

パッと見は、
左の、坊主ヒゲ兄貴が「マドンナ大好き! ゲイナイトでマドンナがかかったら両手挙げて腰振りまくっちゃうわ~!」ってかんじ。
そして右の地味なメガネおばさんが、そんな浮かれオカマに青筋たてそうじゃないですか。
楳図様ハウスを「色彩の暴力」とか言ってたオバさんもこんな雰囲気だったし。

でも逆なの!

この地味なメガネ熟女こそが、騒音おばさん。
トレーシー・カービィ、33歳。
確かに見た目は地味だけど、名前は星のカービィがトレーシー・ローズを食っちゃったかんじで、内面の激しさを予感させてくれますね。
このトレーシーが、3年間、マドンナの曲を爆音でかけ続けてたのね。
その上、大声での生歌もありだったとか。

そして、坊主ヒゲ兄貴デーヴさんが、ずっと悩まされてた隣人のほうでした。
「叫んでるだけでとても歌には聴こえなかった」
「騒音でベッドが揺れて、うちの娘が寝られなかったんだ」

と訴えてらっしゃいます。
アタシもマドンナは大好きですけど、3年毎晩マドンナナイトは、確かにつらい。しかも生歌付きて。


今回、トレーシーは逮捕されて、3ヶ月の投獄という処分を受けたわけですけど、
それ以前に11回の警告を受けて、罰金も合計400万円以上払ってたそうです。

それでもやめられなかったマドンナ祭り。何があったのトレーシー。
トレーシーのお子様3人が、マドンナ嫌いにならないことを祈ります…。

(斎藤ヤスキ)

↓ひさびさに思い出した騒音オバサンのラップを口ずさみながらクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/252-6994ca6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。