上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイ的フックは微妙そうなところだけど、相変わらず薄幸そうな顔が個人的にはすごく気になるギャル曽根ちゃん。

最近は本業(?)の大食いにおいて、菅原初代(通称:魔女)に女王の座を奪われているのでは?というツッコミもされているみたいだけれど、なんとなーく「『大食い』は好きだけど『大食い勝負』にはそれほど興味がない」というスタンスが曽根ちゃんっぽくて逆にいいのかも。いつもきれいにご飯食べてるし。


おっさんじゃないよ!新世代の大食い女王・魔女菅原

そんな曽根ちゃんが、フードファイターとしてよりも、むしろタレントとして生き残りを掛けているだろう初の自叙伝を今月末に出版するとか。

その名も『ギャル曽根の大食いHappy道~食べても食べても太らない~』。
怖ろしく売りの明確なタイトル!

つい先日も朝から主婦向け番組にVTR出演し、「これを読めば、大食いなのに太らない秘密がわかります!」と直球のPR。
まあ、たしかに説得力あるし、ひきのいいネタだよね~とか思ってたら、あっさりネットニュースでネタバレされてました。↓

テリー伊藤 ギャル曽根が「痔」にならないか心配する

上記記事によれば、曽根ちゃんが太らない理由とはずばり特異体質
なんでも1日6回はンコをするらしく、食べたものが吸収されずにそのまま出る体質なのだとか。

ウィキペディアの「ギャル曽根」の頁を見ても、曽根ちゃんの体の糖の検査にあたった医師が「50年近く医療に携わってきた医師として、極めてまれなケース」とかいってるし、数々のダイエットに失敗してきた主婦が、最後の最後に一縷の望みをかけるには、あまりにも参考になり過ぎる理由です。

このニュース記事、最初の数行であっさり本の一番肝要な部分をネタバレさせておきながら、以降は全て『痔』の話、というのもスゴイ。

テリー伊藤が曽根ちゃんの肛門をいちいち心配するのも、なんだかスカ好きの変態中年オヤジっぽくてどうかと思うけど、その話に「心から同意するかつて痔に悩んだ経験を持つ男性(35)」という謎の人物まであらわれる始末。

この人物、食中毒が原因で「肛門を酷使」、結果として痔に苦しんだらしいんだけど、そんなの余計なお世話もいいところ。きっと曽根ちゃんは快便で適度な軟らかさのほっこりウンコなんだから!(←こんな快便予想こそ余計なお世話

(小野東)

やだアタシ、まだ黄金週間気分が抜けてなかった!というアナタはクリック↓
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/232-d60eff39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。