上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロイターさん「世界のこぼれ話」より。

むしろ真っ先に潰れそうな穴ですけど
地球が5月に滅亡すると信じ、昨年10月からロシア西部ペンザで丘に穴を掘って立てこもっているロシアのカルト団体のメンバーのうち、女性7人が穴から脱出した。ただ、まだ28人が中に残っている。

このニュース、あまり詳しく語られていないので、気になるところだらけです。

まず、地球が5月に滅亡するからって、なぜ丘に穴を掘って立てこもっているのか。その穴はものすごい耐震強度の穴で、その穴だけは滅亡から逃れられるんでしょうか。でも滅亡した地球の中で、ロシア西部の穴だけ助かっても、その後の生活もすごくタイヘンだろうに。
そして、5月に滅亡するのに、去年の10月から立てこもってるのもなぜなんでしょう。アタシなら4月30日入りしますよ。

ちなみに、
エキサイトさんの「世界びっくりニュース」によれば、地球滅亡より先に生き埋めの恐れがあるってことで警官が救助に行ったら、なんと穴から銃で発砲されたそうです。ひー怖い。

と、割と人命に関わる恐ろしい状況なんですけど、常に「こぼれ話」とか「びっくりニュース」扱いなのも、すでに半年くらい穴生活を送る皆さんのマジっぷりを考えると切なくもあります。


それにしても世界の滅亡って、常に人々につきまとう恐怖なのですね。
あまりに有名な、1999年のノストラダムス大予言とかね。

斎藤も、どうせ27歳で世界は終わるんだわーと思っていたので、ろくな人生設計もしないでフワフワ生きていたら、恐ろしく何も起こらずに、うっかりフワフワのままで36歳の熟オカマになっちゃったじゃないですか。ノス子のバカっ。ほんと人騒がせなオンナよ!

また、幕末の「ええじゃないか」も、終末思想などから起こった運動で、人々は「ええじゃないか!ええじゃないか!」という囃し声を叫びながら、男は女装し、女は男装し、群集で踊り狂ったそうです。パッと見はゲイパレードと大差ありません。


そして今後もいろいろひかえてますよー。
今、もっともホットなのが2012年の地球滅亡説

マヤ文明の高度な暦が、2012年で終わっちゃってるという話と、宇宙のフォトンベルトに地球が突入するのが2012年だという話のダブルパンチがその根拠で、まことしやかに解説するサイトも多数あります。

ちなみにフォトンベルトに突入すると、人間の遺伝子が影響を受けて、新人類が誕生したり、全く新しい生命体に生まれ変わる、なんてスゴイ話まで。

斎藤が友人に聞いたウワサでは、某大御所女性アーティスト(ヒント・VACATIONは人形の家で過ごしてそうな方)が、けっこう本気でこのフォトンベルト説を信じてらっしゃるとか。
確かに、すでにあらゆる変身を試されてるっぽい方なので、もはや打つ手がなくなってきた今、最後の大変身をフォトンベルトにすがろうってのは分からなくもない話です。
って、何に変身するかも分からないってのに、ホントにそれでいいのかしら。

(斎藤ヤスキ)

↓ぶっちゃけ1999年頃はノス子の脅しにビクついてたって方は正直にクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/192-9fb8efa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。