上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラ江です。
ロンドンには「ゲイの南北問題」と(私が勝手に名づけた)問題があります。

これは他の都市では見られない状況でして、
いかにロンドンにゲイが多いかという上に、アメリカとヨーロッパの狭間に揺らぐ英語国家イギリスのアイデンティティにかかわる問題でもあるわけです。

っつーのは。
ロンドンはテムズ川を隔てて、上と下に分かれています。
川で分断されるといのは、歴史的に見ても大きな違いを生む傾向が多く、
東京だって荒川を隔てて、荒川区から台東区に山谷の皆さんが流れ込むくらいです。

主な中心地はロンドンの場合、川の北側にあって、観光客の用があるのは北側だけ、
南に行くのは相当物好きか、南側にあるハッテン場にどうしても行きたい人くらい。

有名なSOHOももちろん北側にあって、東京で言ったら新宿といったてい。
もともとのゲイエリアはそのSOHOにあって、バーがあったり、クラブがあったり、
かの有名なゲイクラブ、Heavenも、ややSOHOから離れるものの、川の北側にあります。

反対に南側は全体的に貧しいエリアが多く、ある意味、新興エリアでもあります。
そんな発展に寄与するべく、Vauxhallというエリアにゲイバーやゲイクラブがたくさんできて、今は一大ゲイエリアにすらなっています。
この前、このVauxhallの(3流)スーパーに行ったら、筋肉過多の兄貴が買い物してました。
日本でも中野・大久保とか丸の内線沿線でよくある光景かと思います。
違和感、というか、そうね、人生って生きることなんだって実感させられる瞬間です。

一般的にSOHOにあるバーやクラブは、若いゲイや、普通っぽいゲイが多く集まります。
クラブの音楽もPOPなものが多くて、マドンナ・ナイトとか、案の定やってるわけです。
行ってみたら、半分以上はマドンナじゃなかったですが。
友達も集団で「制服ナイト」なんてものに張り切って行ってました。胸毛ずいぶんすごかったけど。

しかし一転、南に行くと、そこはもう筋肉なしでは入れないカリフォルニア・ゾーン。
平均年齢もいきなりグッとあがります。
そうね、筋肉はそんなにすぐにつかないし。
マッチョを集めると、どうしても平均年齢があがる、これはユニバーサルなファクトです。

クラブもハードなハウスばかりで、(絶対にブリトニーとか聴いたら我先に喜ぶくせに)早い音楽で筋肉さんたちは楽しんでいます。
気分は、RED(*1)にきた気分、
もしくはShangri-la (*2)のメインアリーナ、ステージ向かって左奥、もしくはバーからアリーナに入る入り口付近、もっと言ってしまえばダークルーム。
肉欲、自己顕示欲、視線欲、一つになってしまいたい欲、などが、ロンドンの川南では常に渦巻いているわけです。
*1 東京の由緒あるゲイパーティ
*2 日本で一番大きなゲイパーティ


肉欲、自己顕示欲、視線欲

とにかくねー、皆脱いでいる上に混んでるし、しかも外人なので、汗とか臭いとかすごいんですよ、ホント。
しかも(わかる人はわかると思いますが)皆さん水をたくさん飲むので、余計に汗かくんだっつーの!

この北と南の間には想像以上の溝があって、特に北から南への南下はありません。
というか、北にしか行けない人は南に行けないわけですね、単純に。見せる体がないので。
かくいう私も、南に住んでいるわけですが、ほとんどSOHOかその周辺です、遊ぶのは。
この前南のクラブに行ったのですが、視線が痛かった、、、
それじゃなくてもアジア人なんて対象外なのにねー。


ところで日本のネタですが、この徳島でのニュース:

「診療で受刑者虐待」=刑務所医務課長らを告訴-徳島
(時事通信社 - 02月19日)

 「異常な診療行為で虐待を受けた」として、徳島刑務所(徳島市)の受刑者ら22人が19日、特別公務員暴行陵虐致傷などの疑いで、同刑務所の医務課長と前所長、看護師の3人を徳島地検に告訴、告発状を提出した。

 告訴、告発状によると、医務課長は2004年5月から昨年11月までの間、診察と称して、受刑者らに対し、肛門(こうもん)に指や器具を挿入して直腸を傷つけるなど28件の虐待行為を行ったとしている。 



徳島の受刑者の肛門が相当良かったのが、それとも刑務所というシチュエーションに欲情してしまったのか。
しかも医務課長、所長、看護師全員って、揃いも揃ったねー。
しかし、看護師くらいは絶対
「こんなに肛門いじってどうするんだろう?」
って疑問に思いつつも、仕方なしにアナル拡張してたんだと思う。というか日本の善意を以ってして、そうであってほしい!

前のほうじゃなくて、後ろに思わず欲情して手が伸びてしまった、お医者さんの変態っぷりに同情しつつ、
実は何人かは刑務所で掘られてるから、意外とすんなり入ってしまったりとか?
という非現実と現実の境目を彷徨う、自分自身のイマジネーションにもちょっとゲンナリします。

(パラ江/ゲストライター 田中リオウ/イラスト)

↓北にも南にも入れてもらえなくて、西に行っちゃいそうなアナタもクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/163-1c791ba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。