上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイリー大好きなOPANPONです☆

前回、「整形以外全部やった…」と調子にのって書きましたが、
あんなの真っ赤なうそで~す。
今年も女磨きに精進します☆

今、あたしはマントゥーマンで行う加圧トレーニングを始めようか迷ってるの…
でも気になってることが。
加圧によって成長ホルモンの分泌が促されるっていうんだけど
そのせいなのか、
トレーナーさんたち、絶倫ヘッド(つまりハゲ)の人多くないですか??
禿げるのいややし、これ以上ニンフォマニア(多淫症)になると病院送りだわ!
誰かホントのところ教えてぇ~。

そういえば、
何で「やりちん」の男には
「すけこまし」とか「竿師」とか
ちょっぴりポジティブな要素のある名称があるのに、
「やりまん女」は
ずばり「やりまん」とか「尻軽女」とか言われちゃうのかしら?
「尻軽」ならまだしも

「便所女」!!

なんていう恐ろしい蔑称まであるんだから…
しかもそれを意外と「女界」で使われていたりするので、
女の敵は女だったりするんだよね…
くわばらくわばら。
そこで今回のテーマは、

第4回 負け犬Meetsゲイ
「負けず嫌いの負け犬は『便所』になりがち」


負け犬が齢を重ねていくと、
余計なお世話な世間から
「きっと男日照りなんだわ…かわいそう…」
と勝手に思われがち。
ほんとに大きなお世話なんだけど、
負け犬といい、ゲイといい、
世の中のマイノリティーへの風当たりって冷たいものなの。

でも負けず嫌いなあなたが、
「残念ながらあたし、
 男切らしたことないから!
なんてその向かい風に抵抗しようものなら、一気にめくれあがって
「便所女」枠入り…。
あなたにも心当たりありませんか??

負けず嫌いの負け犬はこうして影で「便所」と呼ばれるわけです…。


「女はキチンとしなくてわ!」
というこの国の教育は徹底しているの。
特にここ最近の
「だらしない女」
への風当たりは冷たすぎ。
それは特に「女界」のなかで厳しくて、
キチンしている女から、だらしない女へ。
勝ち犬から、負け犬へ。
という、テレビとか本が多すぎ。
そのせいか、この手の格付けによる区別は
テレビだけじゃなくて、日常にも増えているような気がします。

とりあえずそんな嵐に巻き込まれないように
たとえ「親しい女界」のなかでも
「負け犬=男日照り」
は装わなくてはいけません。

…楽しいことは独り占めしなくてはいけないもの…

なのです。
だって子持ち勝ち犬さんなんて、
浮気しようものなら花田美恵子さんみたいに魔女裁判にかけられるんですから。

あたしたちのように
花から花へと渡り歩いてる自由人のことを、どこかで羨ましがらないわけがありません。

…家庭には安心があるけど、刺激はないからね…
ここは表向きは負けておきましょうよ。


ところでゲイ界でも「便所」枠に入れられると、
世界の狭さと噂好きのいぢわる魔女の多さから、
ほんとに男日照り、それを超えて男砂漠に追い込まれかねません。
まさに死活問題です。

さて、ここからはもっと重篤な方…
あなたのその勝ち気な性格から、もうすでに「便所」枠に入っているとしたら? その脱出方法とは?

そこでそのアリ(ヤリ?)地獄から這い出てきた事例をご紹介しましょう。


カマキリ夫人もいまやいいお義母さん・五月みどり

御歳69歳。
なのにまだ女を降りてない熟女・五月みどりさん。
いまでこそ、ラ・ムーのヴォーカリスト菊池桃子さん
義理の母として落ち着いておられますが、
彼女の人生ったらかなり波乱万丈なんです。

愛は心の仕事ですよー
スペーシーでノリノリ、そしてソバージュ。

デビュー時は清純派で
ヒット曲
「おひまなら来てね」
「一週間に十日来い」
などでさわやかなお色気を振りまき、なんと紅白にも出場されていたんです。
清純派みどり
当時からお美しいわね。

が、結婚、離婚を経て、
1975年には伝説の映画
『五月みどりのかまきり夫人の告白』に主演されます。
突然の衝撃告白!
まだ性に保守的だった時代に…。それこそ当時は「便所女」と言われたはず。

その後も熟女観音としてにっかつロマンポルノで活躍。
『奥様はお固いのがお好き』(すごいタイトル…)
では
ングング
なんと擬似フェラまで!!

この映画では
質屋の女将・みどりが、
質入れにきた学生に
みどり「こんな教科書を質入れしても…ところであなたおちんちん持ってるわね?」
学生「は、はい!(困惑気味)」
みどり「何回使った?」
学生「…」
みどり「童貞なの? あなたの童貞いただくわ、質草にするのよ
という「便所」っぷりも披露してます。

その後も明菜の「少女A」に対抗して?
「熟女B」を発表したり。
明菜さんは喜んだんでしょうか?

歌いだしから
♪バナナの皮を剥くように わたしの服を脱がせたら~
写真はあえてビデオ版。「誰でもイカせてあげる…」見まごうことなく「便所」です。

なぜ、そんなカマキリ夫人がいいお義母さんに変われたのか?
ラ・ムー効果もあるでしょうけど、
それは、
「枯れる」
ふりをしたからです。
その
“枯れ”=「あたしなんて…」という奥ゆかしさが
負け犬に“艶”をもたらすんじゃないかしら?
実際、五月みどりさんってまだ女を下りてない気がしますし。

○○専もここまで浸透
実は「めがね男子」、「スーツ男子」、に続いて「枯れたオジサン」がくると言われてます。
ていうかアスペクトさん、「かれせん」て(笑

20代の「便所」はありでも、
負け犬で「便所」は笑うに笑えません。
どうぞ、枯れたふりして、
陰でガンガン喰らっちゃってください!

決め台詞は
「あたしみたいな負け犬、誰も相手にしないわよ」(ニコリ
です。

(OPANPON/ゲストライター)

↓五月みどりさんに質草がわりのクリック!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/132-9507492d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。