上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございマース!

Campy!読者のみんなは、新年の抱負はもう立てた?
つまんない正月特番観て寝正月だなんてノンノノンだよ!
新年早々こんなブログ読み耽っちゃうような引っ込み思案の文学少女だって、今年はモアアクティブに!

そう、今年こそ男をつくるの!(すごい決め付け)

最近は出会い系にもピンキリいろいろあるけれど、なんと入会者のDNAを調査して、遺伝子プロファイリングの観点からベストパートナーを紹介してくれるという、アメリカの最新サービスがコレ↓

将来の出会い系サービスの主流に?--遺伝子プロファイルを利用した出会い系サービス

1年間の登録料1995ドル(大体24万円)を払って、頬の粘膜やら唾液のサンプルを送付すると、研究所が免疫システムの遺伝子を分析し、ピッタリの会員を紹介してくれちゃうんだと。

同性愛者の会員もサポートしてくれる、っていう点もすごくありがたいんだけど、「遺伝子プロファイル」ってのが何ともうさんくさくて魅力的。

説明によると「DNAが異なるもの同士のカップルは、遺伝子的に似通ったカップルに比べて、互いに相手の自然なにおいを好ましく感じ、ベッドでも喜びが大きく、より健康な子供を授かる」んだとか。なんつーか「におい」だの「ベッドでの喜び」だの、カップル肯定要素が全部セックス寄り。さすが肉食の国は違うのね!

大体「相手の自然なにおい」って、要は脇臭とか唾液臭とかでしょ? それを好ましく思うような匂いフェチ同士をくっつけりゃあ、そりゃ夜も盛り上がって赤ちゃんだってポコポコできちゃうっつーの。どうせ最初に送る唾液サンプルも、ほんとうは臭い嗅ぐために送らせてるんでしょ? 他人にくしゃみの瞬間のアノ臭い嗅がれちゃって恥ずかしいっ、とかそういうプレイなんでしょ? あーん、ドキドキ…

でも、「DNAが似ていない方が良いカップル」説が正しいとしたら、DNAの違いが如実に顔にも表れちゃってる格差カップルばっかりが成立するってことになる罠。ブス紹介されようがイケメン紹介されようが、どっちにせよやるせない気持ちにしかなれれなさそう……。

やっぱ運命の相手は、地道に足を使って探せってことかねぇ。くしゃみのアノ臭いにドキッときたら、それがアナタのディスティニーですよー!

(小野東)

↓クリックで運命の相手が見つかる!(嘘)
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://55campy.blog102.fc2.com/tb.php/101-a337cd1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。