上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年5月、上野のお山はいつになくにぎわいを見せておりました。

ルーブル展?まあ、ルーブルを日本でご覧になるの、変わった方ね、
パリ以外でルーブルが楽しめるなんて存じませんでしたことよ!

阿修羅展?まあ、阿修羅像を東京でご覧になるの、奇特な方ね!
東国につれてこられて野蛮な東人(あずまびと)にジロジロ見られて、阿修羅様もお気の毒!

阿修羅様
こまっちんぐ!

などと言いつつルーブル展は見た慶子でしたが(展示規模に不満・・・)、
先日はカルティエ展を見に行きました。
まあ、カルティエなんてブティックと、モンパルナスのカルティエ美術館以外で何をご覧になるの、
と言うなかれ。
気鋭のデザイナー、吉岡徳仁が会場をプロデュースした、面白い空間になってるらしくて、
やたーらブルータス(そのほかHanakoとかマガハ系全般)で褒められてたのよね。
ブルータス奴隷(Hanako奴隷)としては行くしかないじゃない。

でも5月いっぱいまでだったみたいなのよね。役立たぬ情報、ごめんなさい。
見逃した情報弱者・センスの不自由な方・低民度な方たちは悔しがって、糞して寝ててください。

割と美術館に足を運ぶことの多い慶子ですが、
今回は鑑賞にあたって新しい心得を導入いたしました。


三島由紀夫の『女神』より。

(女性美を追い求める父親・周伍は、娘の朝子を徹底的に美的に育てた。その教育方針。)
「・・・美術の鑑賞はなおざりにされた。
なぜなら完全な美術品たる女性が、ほかの美術品を鑑賞するなどとはおかしなことだからである。
第一周伍の信念に従えば、女は美を客観的に純粋に見ることなどできず、美術のパトロンたるには不適任であった。
たとえば美しい女性は、ゲインズボロウのようなロイヤル・アカデミーの明快な美を認めることができれば足り、ピカソの「ゲルニカ」に感心するようでは魅力が半減するのである。
美に対する女性の感受性は、凡庸でなければならなかった。
機関車を美しいと思うようでは女もおしまいである。
女にはまた、一定数の恐ろしいものがなければならず、蛇とか毛虫とか船酔いとか怪談とか、そういうものは心底から怖がらねばならぬ。
夕日とか菫(すみれ)の花とか風鈴とか美しい小鳥とか、そういう凡庸な美に対する飽くことのない傾倒が、女性を真に魅力あるものにするのである・・・」



・・・とりあえず、女は頭を使わず、当たり障りのないものをありがたがればよいようなのです。
男尊女卑。。。

当のカルティエ展はまー綺麗。まー豪華。って感じ。

宝飾品にあまり興味がないのであんまりアガらず。

むしろ、客層がいまいちで、
ネックレスの石の数を数えたり、「$幾らくらいかな\」ばかり言ってる女が散見されました。

水族館で「おいしそう」「食べられるかしら」ばかり言う人種と同じです。

ああ、あたしもだわw


さすがに、今回の目玉の一つにメキシコの大女優、マリア・フェリックスの所有していた、
ヘビの形の大ぶりなネックレスはすごかったです。

小さい画像しかなくてごめんなさいね。

ヘビネックレス

わかりやすく言うと、細身のウンコくらいの太さ。

そういう太さのものにとぐろ巻かれると、困るー。

〈困るトグロ;きゅうり〉
ぎょえっ

〈困るトグロ;なす〉
ぎょえーっ

〈困るトグロ;ソフトクリーム〉
はぷはぷ~

(奥様A);糞がトグロをまくだなんて、お気の毒!あたくしでしたら美しく「川」の字にいたしましてよ!
(奥様B);一本グソ、3本こくんかい。


・・・こうして慶子は美術の鑑賞はなおざりにした。
なぜなら完全な美術品たる慶子が、ほかの美術品を鑑賞するなどとはおかしなことだからである・・・


(慶子/ゲストライター)

↓完全な美術品たる慶子さんへ惜しみないクリック
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
スポンサーサイト
超おひさしぶり、美人の慶子です。


美しさは、罪。

ちょーっと塗っただけで、慶子ったら、ほらこんなに綺麗。

こんなにきれいな慶子

あー、でも哀愁が足りないわー。
美人は憂いが必要よー

憂いもおびた慶子

↑携帯の画像変換機能で「悲しい顔」選択。

古い技法の整形しまくった朝鮮美人ふう。。。「ふてぶてしい顔」モードの間違いでは。

まーね、こんな罪なわけ。
むち打ち100回やら地域社会奉仕(ライオンズクラブやサイエントロジーでのゴミ拾いなど)3万時間とか、オナニー3日間禁止とか、それくらいの重罪なわけ。

そんな慶子の美貌が、知らぬ間にまた罪を!

この前40代のおじ様とネットで知り合ってお茶をしたんです。

1時間ほど話してみて、
「これまで話した印象は・・・『ジェネラル・ルージュの凱旋』の竹内裕子みたいだね。」
センスとキレのない感じが逆に響く感じ。。。

これは結子

つまり、「チーム・バチスタの栄光」の竹内結子ね。

要はかわいいってことよね。ちょっとドジっ子だけど憎めない清楚派美女って事よね。
題がひどいから映画は見る気はしないけど、精一杯普通の男の子っぽく望んだお茶の席で、竹内結子と言われるなんて。
あたしの中の女優がジョジョ漏れしちゃったみたい。

そしてまた別件。
昔学生のころ付き合っていたじーさん(今70歳くらい)から、久しぶりのメール。
「×××君にまた会いたいなあ。君の白い肌が忘れられません。大河ドラマ(篤姫らしい)で松坂慶子が出てくるたびに君を思い出したよ。」

あっちの慶子

またしても日本を代表する大女優に例えられる慶子!
欲情メールに出す名前じゃないわよ。。。


そんな天然大女優、慶子ですが、体もすごいのよ。

↓慶子近影。
アポロンな慶子

これを見せたまた別のおっさん(50歳くらいのインテリ)が一言。
「アポロンのような体だね。ブラヴォー!」

※アポロンとは、ギリシャ神話の笑いの神。

※ほんとは太陽神。

みんな、見る目があるんだかないんだかしらないけど、普通モードで暮らしているときは普通扱いでいいんですけど。

美しさって罪なのよねぇ。

(慶子/ゲストライター)

↓もっそ久しぶりのくせに、言いたいこと言いまくる慶子さんのふてぶてしさと美にクリック!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
おひさしぶり、美人の慶子です。

体調を崩していて、しばらくお休みしていたわ。
美人に病気は憑き物つきものですから。。。
(美人ポイント①:全て美に結び付ける)

病名は「うどんこ病」。
きっとあのときのガチムチのおナスさんかしら、それともあのスジ筋きゅうり君?それともあの大柄な…息が止まるほど立派だった…ウリ?
(美人ポイント②:美人はナス科やウリ科がお好きなご様子)

ああ、あと2、3年、19歳で美人の早死に予定だったけれども、それも叶わないのかしら…
なんてドラマチック!なんて美人!
(美人ポイント③:チャンスがあればサバ読め)
(※注:実際は植物にしかうつりません。)


本当は忙しかっただけです。

だって、毎晩あたしのベッドルームはたくさんの男の人たちで満員御礼・行列必至・立ち見券まで出す(※注:ナス科やウリ科も含む)始末。

昼は昼とて、お茶・お花・お料理・ペン習字・内職(AMラジオのはんだ付け)などで大忙しよ、ヒマ人相手にブログなんて書いてられるか、青タン,ぺっ!(注:美人だってタンはからみます)
(美人ポイント④:お仕事で忙しいと言ってはいけません。男の予定とお稽古ごと以外では、美人は忙しくしてはいけません!)


そしてそうやって忙しくして、体がクタバリ気味になると健康が第一だと感じてしまいますね。そして健康であることは美しい。

最近は美容のために買うものとして栄養補助食品などの割合が増えてきて、ウキウキしながら青汁を始めたりしているわ。

クロレラとかスピルリナとかの錠剤とかにも興味はあったのだけど、飲むと便が緑色になるそうで、ちょっと引くわね。どんだけ強いの葉緑素。

まさか持ち主(出し主?)の知らないうちに、その緑のクソは勝手に光合成したりしないわよね?メタンガスも出しますが酸素も出してますみたいな、そんなクソですか?

じゃあエコ・セレブ慶子としては流さずベランダにでも出しておかないとね。水は1日1回でよろしくって?
って、4~5個並べたあたりから隣近所から苦情出るわい。

※ウン筋が緑だったら目立たないわね~と思ったそこのあなた、茶色にしろ緑にしろそんなアーシーな色ではどっちにしろ同じです!この場合迷彩カモフラージュ効果はなし!

といいつつ、青汁は特に慶子的には効き目を感じず。


せっかくだからお勧めを2つ、目に見える効果があったものだけご紹介しましょう。


①ウコン

おいしそうなウコン

↑でクソの話が出たので読み違えた方もいらっしゃるでしょう。ばーかばーか。美人がウンコとか言うと思ってか!不美人のあさましさよ!

(※仕切りなおし。)
お酒をいただく日は、ウコンを飲んでおけば体の調子も違うし、なにより肌疲れが出ないです。対アルコールだけでなく、ウコンは肝臓の解毒機能を高めます。はやりのデトックスというやつね。美容や化粧品や果ては女の生き方まで、毎月異常な量を書き散らしている大コラムニストの斎藤薫センセイのコラムを読んでから、あたしも数年飲み続けているわ。

飲みすぎるとウコンの元々の黄色の色素のせいで肌が黄色くなります。ミカン食べすぎた子供みたいに。私、手が黄色いからって黄疸かと母が心配して、病院に行かされたわよ。
お母さん、あたしそれでもあなたの使ってるファンデーションと同じ色味ですよ…オークル系(やや黄色みのある肌色。)。


②フラックス・シード・オイル

亜麻の実オイル

亜麻の実の油。不飽和脂肪酸のαリノレン酸が豊富。
体内の脂肪の代謝の活化・細胞膜の強化・免疫力アップ・高脂血症改善・アレルギー(アトピーや花粉症)・脳や神経系の活性化…などいろんな効果があるそうですが、慶子的には乾燥肌の改善にとっても効果がありました。

ボディが乾燥肌気味で、毎年冬はお風呂上りに手のひらいっぱいのボディクリームを塗らないといけない慶子。あたしのお肌をなめた殿方に「なにか塗ってる?」と必ず訊かれたものです。
塗り忘れるとかゆくなっちゃうの。
今年はボディソープをしっとり目のものにする+このオイルのサプリメントを毎日欠かさず飲んだおかげで、塗らなくてもかゆくならず!ボディクリームの消費量がかなり少なくて済みました。

「私のボディ、昔はシャワーの水を弾いたけれど今は弾くどころか全部吸い込んじゃうの」とか、昔の出来の悪いドラマのセリフのパクりジョークが口を突いてしまう乾いたお嬢さんたちにどうぞ。
「乾いてるからよく燃えるわよー」と、普通の世界だとジジイ・ババアの死体にしか使われないジョークに手を出してしまうその前に…。


そのほか、野菜ジュース、ヨーグルト、プルーン、マルチビタミン、ビタミンC、イチョウ葉エキス、ビール酵母、メラトニン、黒酢、コラーゲンなど手広くやっているのだけど、元々、慶子はわりと健康体なので(注:軽い性同一性障害を除く。きゃ!)よく効果効能は分かりません。

美人の道は一日にしてならず、おぜぜもかかります。みなさん、お気張りやす。

P.S. 緑のクソは効果?効能?

慶子 浴びるほどビューティー

(慶子/ゲストライター)

↓美と虚言のミューズ、慶子さんの4ヶ月ぶりの登場に拍手クリック!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
はじめまして。慶子と申すオカマです。

外資系企業・(プチ)管理職・美人…
と並の男には萎え要素が3拍子揃ってしまっているわたし。
そこらの男に抱けるレベルのオンナじゃなくってよ!
くらいのことを平気で言えてしまう。ええ、わたしワーキング・ミューズ。

職種は昼間は外資メーカーのマーケティングです。
ちなみに29歳。特技は、愛されること。

その他、今流行のマルチ・ジョブホルダーって言うんですかしら。
夜のパートタイムに、セレブリティ・商社OL・金融OL・食品会社OL・姫としての顔も持ち合わせているのです。
これは会社名をこっそり教えて差し上げる!

月曜「ワケありセレブ」(@新橋)
火曜「セクハラ物産(海外事業部第4課)」(@池袋)
水曜「夕ぐれ愛人バンク」(@大塚)
木曜「ウバザクラ水産」(@巣鴨)
金曜「錦糸町人妻城」(@錦糸町)

※このほか、NPO法人いくつかからも引き合いがあり、検討中です。
「湯島人妻援護会」、「淑女図鑑・新小岩店」、「電マ戦隊イマラチオン(@鶯谷)」……。
やだ、カラダがいくつあったら足りるのかしら~。穴は二つあるけど(うそ。まだ未工事)

こうした長年の功績が認められ、来年あたり国連に新設される「国連 性的難民 高等弁務官」にあたくしを推す向きもあるとか。
もったいないことですが、顔だけでなく性格もいいから、断りきれそうにもございません。
性に恵まれない男性(その中でもイケメン限定(←矛盾))を私の愛で(主に局部で)救って差し上げたい。
キレイ・可愛いと褒められるだけでは足りなくなったあたくし、この使命であたしの魂も(主に局部も)充足できそう。
私はただのバービー人形じゃないんだから。


まあ、こんなしがない美人のあたしですが、このたびCampy!で、美を振りまけ、皆様に美をおすそ分けしろとの天命を受けました。
美人ならでは屈託のなさ・愛され力を発揮し、毎回ビューティを主題にお届けしたいと思います。
拙文を晒すのはまことに恐縮美人、厚顔美人ですが、お付き合いくださいましね。

まずは、ご挨拶までに。

慶子 浴びるほどビューティー

(慶子/ゲストライター)

↓美と虚言のミューズ、慶子さんの初登場に拍手クリック!
人気ブログランキング FC2ブログランキング ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。